ワークビザなしの就労だけではない不法就労

就労許可(ワークビザ)を得ずに就労すると、法律違反になってしまうことはよく知られていますが、広い意味での不法就労はこの限りではありません。私たち日本人に一般的なワーキングホリデーや、ポストグラジュエーション・ワークパーミットなど、雇用主を限定しないオープンワークパーミットを取得している場合であっても、注意が必要な点がいくつかあります。

続きを読む

不法滞在をしてしまった場合

「故意(=わざと)、または過失(=不注意)で、許可された滞在期限を過ぎて、カナダに滞在してしまったが、新たに正式な滞在許可を申請をしたい」
いわゆるオーバーステイ(不法滞在)のケースですが、特に過失によるものは、意外と身近に起こり得ること。
こういった場合、正しい救済策により、次の申請に及ぼすリスクを最小限にとどめることが重要と言えます。 続きを読む

ビジネスポリシーの追加

こんにちは。カナダ移民コンサルタントのたんばです。

移民コンサルタントのページに新たにOrder of Priority Policyを追加しました。移民法という「法律」を扱う専門職においては、コンプライアンス(法令遵守)が最優先事項となります。 続きを読む

サイトの再編成につき

こんにちは。カナダ移民コンサルタントのたんばです。

お気づきのように、現在弊社サイトのメニュー、コンテンツを再編成しております。リンク切れ、未完成ページなどお見苦しいところも出てくるかと思いますが、どうぞご容赦くださいませ。 続きを読む