ケベック州認可移民コンサルタント

こんにちは。カナダ移民コンサルタントのたんばです。弊社では先月半ばにケベック州政府移民局の認可(ライセンス)が無事におり、現在はケベック州で留学、就労する方のビザ代理申請や、永住権の申請サービスも承っております。

このライセンスを持ち、日本語でサービス提供が可能な法的代理人(弁護士、移民コンサルタント)は、カナダ全国にも片手で数えられるほどしか存在しません。実は、他州弁護士会の弁護士でもケベック州移民局の認可なしには、ケベック州のビザ申請業務を引き受けることは出来ないんですね。

弊社では以下のケベック州プログラムについて、正式にサービス提供を開始致しました。

ケベックスキルドワーカー・プログラム (QSWP)

4月1日よりMon projet Québecの受付が停止しています。新システムでの申請は8月に開始が予定されています。

弊社でもお問い合わせは随時承っております。

PEQ – ケベック・エクスペリエンス・プログラム

プログラム継続中です。

マギル大学、コンコルギア大学をはじめ、ケベック州の大学、カレッジ (Cégep)または職業訓練校の対象プログラムを卒業予定の方は、PEQからのCSQ&永住権を取得の可能性があります。

他州で学校を卒業され、現在ポストグラジュエート・ワークパーミットをお持ちの方もケベック州での就労経験+フランス語要件を満たすことで、申請が可能になります。

CAQ+学生ビザ(ケベック州への留学)

QSWP、またはPEQの申請資格を満たすために、これから学校に通われる予定の方に、CAQ – Certificat d’acceptation du Québec+学生ビザの代理申請サービスを提供しています。ケベック州の教育機関で受講可能な全てのプログラムの中から、移民申請の資格を満たすだけでなく、お客様が本当に学びたいプログラムを見つけるお手伝いもさせて頂きます(アカデミック・アドバイジング)。

ファミリークラスからの永住権申請(ケベック州のスポンサー)

通常とは申請プロセスが異なるケベック州でのファミリークラス永住権申請についても、弊社にお任せください。

LIMA&雇用主限定ワークパーミット

外国人労働者を雇用されたい雇用主の方、また、雇用主がワークビザのサポートに同意してくれている、現在ワーキングホリデーで滞在中の方向けに、Labor Market Impact Assessement – LMIA、および雇用主限定ワークパーミットの代理申請サービスを承っております。

先月ケベック州政府移民局より、high demandのためLMIA簡素化ステップが適用される職種リストの2018年度分が公開されました。ワーキングホリデーの方にも人気の、0631 レストランマネージャー (Gérants de restaurant)、6321 シェフ (Chefs de cuisine) もこのリストに含まれています。


上記は全て、ケベック州のライセンスを持たないICCRC移民コンサルタント、弁護士には取り扱うことが出来ないプログラムです。これらの申請で代理人を探される場合は、必ずケベック州認可を得た代理人本人からの直接サービス提供をお求めください。

今後ともFLEXVISA Immigration Servicesをよろしくお願いいたします。